縄文アート190727 💚 サッカー

人気動画

縄文アート190727 💚 サッカー



①縄文時代とは
 約1万5000年前頃から紀元前4世紀ごろ。豊かな自然に囲まれ、狩猟や採集、漁などで生活し、縄文土器を使用していた。移動する生活から縄文時代になると竪穴式住居を建て、1ヵ所に住み続ける生活スタイルに変化した。
②縄文人の特徴
 縄文人の顔は四角く、彫りが深く、頬骨が小さく、鼻が高い。目が二重で大きく、眉毛は太く、目鼻立ちがしっかりした顔である。縄文人の平均身長は、男性が約158cm、女性が約148cm。縄文人の平均寿命は14.6歳。乳幼児を生き延びた場合の平均寿命でも30歳前後だった。
③食事
 魚や貝、イノシシやシカ、鳥やウサギ、木の実などを収穫していた。獣の肉は生で食べたり、焼いたりして食べていた。ドングリなどの木の実は土器で煮炊きして食べていた。自家製の果実酒も好んで飲んでいた。
④弥生人との違い
 縄文時代と弥生時代との大きな違いは「狩猟」と「稲作」という生活スタイル。弥生時代に入ると水田稲作などの農耕による生活が中心となっていった。縄文時代は集団で生活はしていたが明確な身分の差はなく、平和であった。しかし弥生時代になると集団で生活する意識が強くなり、権力者「リーダー」が誕生した。あちらこちらで集落同士の小規模な争いが始まり、やがて戦争となり、統一国家となってゆく.....・・・続きはこちら⇒縄文アート190727 💚 サッカー

関連記事