ヨーロッパでレアが問題化

PR

レアの情報を通販ショップで充実提供、絶対押さえたいと思わせる商品を取り揃えてます

こんにちは^^不幸ぐせ解消家の神田裕子です。 Bunkamuraで映画を見てきました(また!?)今日は「ロダン~カミーユと永遠のアトリエ」です。

 今月没後100年を迎えるオーギュスト・ロダン。彫刻「考える人」はよく知られています。その愛と苦悩を描いている作品です。 正直なところ、もう少し彼の作品がどのように生まれたのかに突っ込んだ内容かと思っていました。恋愛の要素が少し多すぎたかなあ・・・ ただ、42歳の彼にとって、自分を慕って弟子として志願してきたカミーユはとても魅力と才能あふれる特別な存在であったのは事実です。 カミーユとの関係を続けながらも(結婚の契約書まで書いたのに・・・)内縁の妻ローズや、若い愛人たちとの間で揺れる男のずるさがとても上手に描かれています。 個人的にはそのずるさに吐き気がしました。(私の何かを投映しているのか!!!)

(ひとり反省会) さらにカミーユの焦りが加わります。恋愛ばかりではなく、自分の作品が世に評価されないこと。そのことでロダンを羨み、影に怯えます。結果、しだいに・・・うつ的になっていく様子が切ないのです。 何年かのち、カミーユの個展を見に行ったロダンが彼女の作品「嘆願する女」の前で立ちつくすシーンが印象的です。それはおそらく自分への思いを感じるから。見ている私も苦しくなりました。 彼の曖昧な態度に腹が立ちつつも、そんな芸術家の孤独と苦悩が素晴らしい作品を生み出す原動力になるのかもしれないとも感じました。 いや、それでも・・それほど好きなら「カミーユには僕は必要ない」と言わずに一生守ってあげるといいのに。 優柔不断?なロダン役、フランスの演技派男優ヴァンサン・ランドンはとってもセクシーでした! 

*************★心理「楽」のオフィシャルブログは↓↓↓http://www.yuko-kanda.com/
★神田裕子のプライベートはこちら↓↓↓
http://profile.ameba.jp/psychology-yukon/★オフィスレアリーゼのHPは↓↓↓http://www.realiese.com/ <読みもの>=======
★東洋経済オンラインニュース記事
http://toyokeizai.net/articles/-/124164
★米山氏書評はこちらへ
http://sharedoku.com/archives/11526
★る~り~の大部屋「著者の本棚」
https://m.youtube.com/watch?v=W0aYhNScxDw 

レアがインターネットならではの激安

■コードギアス反逆のルルーシュR2 C.C.ver.(サミー) ・新システムGRTを搭載 ・スペック詳細ボーナス合算設定1 1/199.8設定2 1/193.9設定3 1/182.0設定4 1/171.1設定5 1/161.4設定6 1/149.6 ・ボーナス獲得枚数GEASS BB  252枚HYPER BB  約250枚NORMAL BB 約205枚MIDDLE B 約70枚 通常時は、リプレイ連やレア役からボーナスを目指す。そして注目すべきは、本機から搭載される新システム「GRT」ボーナスループの期待感を極限まで追求したシステムであり、ボーナス後は必ずRTに突入。3種類の異なるRTを搭載。BB後は150GのRTに突入。MB後は∞RTへの昇格を目指す特殊RT50Gに突入。さらにGEASS BB後は、∞RTへ突入。BB後のボーナスループ率は50%以上。(設定1)本機はC.C.versionということもあり、どんな場面においてもC.C出現はチャンス。新規演出も多数搭載している。

PR

コメントは受け付けていません。