レア ふるさとメディア

PR

レアのある新しい生活。

くぅさん10歳 りっくん9歳 がっくん8か月 まめちゃん1歳5か月 いつもご訪問ありがとうございます≧(´▽`)≦たまねぎによる 愛犬と愛孫 溺愛ブログです♪犬バカ孫バカすぎてごめんなさい~(*´ェ`*) はじめましての方はこちらを見てね♪ .。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・ 寝起きのまめちゃん。寝癖つけたまま ほっぺ真っ赤っかのまま まっすぐ向かった先は りっくん( ´艸`) 写ってないけれど、右側にはがっくん、左側にはくぅさんがいるのにね(^▽^;) ねぇねぇ りっくん~  まめちゃんの りっくん大しゅき炸裂な動画。インスタでの動画は1分縛りなので、真ん中カットしてつなげちゃった。気になるカットした部分は、まめちゃんが、右側にいたがっくんのところに行って、肩をトントンするんだけど、がっくん ガン無視(笑)何度呼んでも無視されて、しょんぼりして りっくんのところに戻っていく まめちゃんのなかなかシュールな場面。みなさんにお見せできないのが残念!(笑)   たまねぎさん(@tamanegi.qoo.riku)がシェアした投稿 – 2017 11月 17 8:52午後 PST  そして、超珍しいことが!今日のまめちゃんの見守り隊は、くぅさんとがっくん珍しい~~~~!この組み合わせは なかなかレア♪癒やされる~  明日のお天気は いよいよ雪マーク!ほんとに降るのかなぁ。。。降らないといいなぁ。。降ったら、くろしろまめしろは大喜びなんだろうけど(笑)    —————————————なんと!!12月8日  KADOKAWAよりくろしろまめしろの本が出版されます
「大きなボク 小さなわたし」 インスタやブログに載っていない写真もたくさん載ってます♪めっちゃ可愛いですよ~(笑)みなさん、どうぞよろしくお願いします♪♪

ご予約はこちらから♪
★Amazon★⇒
★楽天BOOKS★⇒——————————————  ■インスタグラム■ほぼ毎日くろしろまめしろの写真や動画をUPしてます♪ https://www.instagram.com/tamanegi.qoo.riku/ ■Twitter■初心者です https://twitter.com/Tama3QRG —————————————— *******************************人気ブログランキング/犬に参加しています♪いつも応援ありがとうございます!!ぽちっと応援よろしくお願いします♪
人気ブログランキング********************************* ブログ村ランキングにも参加しています♪こちらもポチっと応援していただけると たまねぎ喜びます(笑)宜しくお願いします♪
にほんブログ村

レアのアイテムが満載です

「横浜で最も有名な吊り橋」といえば、いわずと知れた横浜ベイブリッジだが、同じ首都高速湾岸線に架かるすぐ隣の橋ながら 鶴見つばさ橋はイマイチ知名度が低く、首都高を通行されるドライバーからすると横浜ベイブリッジの前座・おまけ的な印象の斜張橋であるッ???確かに景観上 横浜の中心地を見渡せる場所的なことや、有名大型船舶も航行する浦賀水道を跨ぐことなどからも、横浜ベイブリッジは華やかな存在であるのに対して、鶴見つばさ橋は川崎の扇島と大黒埠頭という産業地帯を結ぶ地味な存在ではあるといえるッー。
しかし、実際の延長距離は鶴見つばさ橋の方が160mほど長く、またその主塔の形状が横浜ベイブリッジは平凡なH型なのに対して、鶴見つばさ橋は逆Y型とオシャンティな設計構造が採用されているのであるッー。この橋にはもっとスポットライトが当たってもいいと思うのだが、この鶴見つばさ橋が開通した翌年に橋の袂に誕生した食堂にも、鶴見つばさ橋の人気を見込んでその名がつけられていたといえるッ???。

ここは、横浜市鶴見区大黒ふ頭地内にある「大黒ふ頭福利厚生センター」内で営業している「波止場食堂」つばさ店で、あの かつての「横浜港の激安包囲網突破」シリーズ記事で一度お届けしている食堂 ※1 なのだが、その記事は1階のフロアの一般食堂を取り上げており 一部の方から「2階のフロアで営業する食堂の様子も観てみたい」というご要望もあったため、今回は2階の食堂を記事化して 同シリーズに追加したいッ? ??ここ「波止場食堂」つばさ店は、開業当初は「ポートレストラン つばさ」とスカした名前がつけられてはいたものの、メニューの内容は基本的に他の「波止場食堂」姉妹各店と何ら変わらないもので、当時から「波止場食堂」ブランドを愛していた著者は「何がポートレストラン つばさだッ??」と思っていたら、数年後知らぬ間に店名看板が「波止場食堂」つばさ店に掲げ直されていたというエピソードを持つ食堂といえるッー。
※1 「横浜港の激安包囲網突破」シーズン l

こちらへは、JR・横浜市営地下鉄ブルーラインの桜木町駅から市営109系統桜木町駅循環の路線バスで大黒税関正門前バス停より徒歩約10分、クルマでの来店が具体的で「大黒ふ頭福利厚生センター」敷地内の大型駐車場が利用可能であるッ? ??そして「波止場食堂」は、横浜中華街を抱える港街の食堂ということもあり、他の埠頭の各店でも中華メニューには特に力を入れており、ここつばさ店でも1階が一般(定食類)食堂なのに対して、2階は中華料理の他 カレーライス類・日本そば/うどん類に特化したメニュー展開となっているといえるッー。
今回 そんな2階の(中華)食堂でオーダーしたのは「店長のおすすめの一品??!」とブチ上げられ、著者もイチオシの「麻婆ラーメン」\570- であるッ? ??こちら2階の食堂の特徴としては「麺類とセットでごはんものを???」という希望にも応えるべく、ミニサイズ(カレー・チャーハン・丼類など)メニューも充実している点といえるッー。※2
※2 逆も然りであり、フルサイズのごはんものにハーフサイズの麺類を組み合わせることも可能なメニューがある。

この「麻婆ラーメン」は、デフォルトのラーメンが\360- という驚異的なCPを叩き出していることを考えると、ワンコイン(C級域)超過は高いようにも思うが、この麻婆ソース(豆腐)は天下一品なのであるッ? ??今回は、カロリー摂取量の問題もあり泣く泣く断念したが、これにライス/半ライスの組み合わせは東洋太平洋一の満足感を得られるセットといえるッー。

公共食堂に近い立ち位置のメニューにあって、役所メシなどでは万人ウケを狙い辛味を抜いた仕様になりがちな傾向にあるのだが、この麻婆ソース(豆腐)は それなりに辛い味つけであるッ? ??これが「波止場食堂」が他所のB級食堂に比べ高評価を得ている魅力の一つといえるッー。

中細やや太めのほぼストレートタイプの麺は、配合・かんすいの効かせ具合も含めてB級ラーメンとしては、アンドロメダ一の出来栄えであるッ? ??シコシコっとした食べ応えとツルツルっとした喉越しが両立した麺はそう多くないといえるッー。

幾ら麻婆ソースが美味くても、ベースのスープが邪魔をしてはどうにもならないが、ベーシックな「ラーメン」でも このスープは美味い上に、このメニューでは 麻婆ソースを引き立てる銀河一のアシスト能力を持ったスープなのであるッ? ??あっさりッとしていながらコクがあり、醤油ダレも濃過ぎず薄過ぎず まさに絶品の仕上がりといえるッー。

そして著者がB級では宇宙一と信じてやまない麻婆ソース(豆腐)は、挽肉が贅沢に使われたソースに 豆腐は大量に仕掛けるためか?しっかりッとした木綿豆腐が使用され、小さめに賽の目切りされた食べやすいサイズ感も、これまた絶妙なのであるッ? ??ネギは麻婆ソースに絡められたものではなく、飽くまでもラーメンの薬味として後載せされたもので ほどよくレア感を楽しめ、また麻婆ソースに加えられた丁寧に刻まれたタカノツメからほどよい辛さと手づくり感のある仕込みがお判りいただけると思うッ???。

そして、今回の集大成となるレンゲ・箸によるアッセンブルリフトだが、絶品のスープに逸品の麻婆ソースが馴染まないわけがないのであるッ? ??このタイミングにおいて「半ライスを追加するのに、食べかけの麻婆ラーメンを片手に券売機から並び直そうか?」と深く後悔させられたといえるッー。
この食堂の名前の由来である鶴見つばさ橋が、横浜ベイブリッジに比べて知名度は低いが、横浜ベイブリッジより実は建設規模は大きく凝った建設がされているように「波止場食堂」といえば山下店というイメージから、味では勝るとも劣らない ここつばさ店の存在も侮ることは出来ないといえるッー。もし、大黒埠頭内でランチタイムを迎えられた際には「波止場食堂」が力を入れている中華を中心としたメニューに特化した つばさ店2階の食堂の利用を 是非ともご検討いただきたいッ? ??

真紅のiPhone Evoltion lllからの投稿

PR

コメントは受け付けていません。