中2男子、卓球部同士のクラスメートをけんかで刺殺 – 社会 : 日刊スポーツ

PR

中2男子、卓球部同士のクラスメートをけんかで刺殺 – 社会 : 日刊スポーツ



埼玉県所沢市で中学2年の男子生徒が刃物で刺された事件で、県警は6日、殺人未遂容疑で同市の同級生の少年(14)を逮捕した。県警によると、被害者は同市、同市立中2年本郷功太郎さん(13)。上半身の複数箇所を刺され意識不明の重体となっていたが、同日未明に死亡した。県警は、容疑を殺人に切り替えて詳しい経緯を調べる。 逮捕容疑は5日午後4時50分ごろ、所沢市の自宅で本郷さんの腹などを刃物で刺して殺害しようとした疑い。 県警によると「刺したことは間違いない。教科書のことでけんかになった」と供述。県警は、一緒に勉強していてけんかになったとみている。事件当時、少年宅には2人と少年の祖母がいた。少年は本郷さんら友人と期末テストの勉強をする予定だった。別の友人が少年宅を訪れた際、玄関先で倒れている本郷さんを発見し、近隣住民を通じて通報した。 少年は当初、駆け付けた警察官に、本郷さんが「自殺した」と説明。その後刺したことを認めた。 所沢市教育委員会によると、2人は入学前から知り合いで中学では同じクラス。いずれも卓球部に所属していた。学校は、2人の間に「トラブルは把握していなかった」としている。 本郷さんの母親は「大切に育ててきた息子との突然の別れがいまだに信じられません。ただただ悔しく、犯人を許せない気持ちでいっぱいです」とのコメントを出した。 同級生の女子生徒(14)は「2人は学校の廊下などで仲良く話していた。けんかしているところは見たことがない」と話した。・・・続きはこちら⇒中2男子、卓球部同士のクラスメートをけんかで刺殺 – 社会 : 日刊スポーツ

PR

コメントは受け付けていません。