全力放送。アンノーン

PR

大学生なら知っておくべきアンノーンの5つの法則

田舎でも楽しめるポケモンGO京都日記!

本日は前回の続きからです。

天保山と南港に二手に分かれた私と友人は、

アンノーンが出現したら連絡を取り、

確実にアンノーンを捕獲するという

アンノーン包囲網を敷いたのであった・・・。

いきなり深夜の癒しがこんばんは。

ハズレ卵群の中から当たりのベロリンガ登場です。

個体値は上から二番目でした。

ベロリンガも将来的にベロベルトに進化し、

HPも高いので高個体値や飴を集めておく必要があります。

その後も

嬉しいレアもちょくちょくは出現しますが

それでも必要要員は何一つ出てくれません。

久々の野生のペルシアンを発見します。

こいつを初めて捕獲したのは墓場でした(笑)。

更に強そうなオムスターを発見します。

忘れてましたがこいつも岩タイプなんですよね。

過去奈良公園で出た時に

狂ったようなダッシュが起こったのを覚えています。

激レアは出なくても、

思い出は意外と鮮明に残っており、

それも9か月以上ポケモンGOを

プレイしてきた賜物かなと思います。

そして本日二匹目のヨーギラスに遭遇します。

飴行きでした(笑)。

次ヨーギラスを進化できるのはいつになることやら・・・

最後はミニリュウです。

よく見るとミニリュウって・・・

今テレビで言われている

生魚に住んでいるアニ〇キスに似てますね・・・

この後もプレイを続けていましたが、

特にこれといったレアの出現はなく、

夜明けに友人と連絡が取れなくなったと思ったら

疲れてATC付近で寝てたらしいです(危ない)。

始発で合流した私たちは

朝ご飯を食べて解散しました。

結局この日もアンノーンは

天保山、南港共に出現しませんでした。

正直言って最近はポケ活のモチベーションが

少し下がってきています。

多忙だというのもあるのですが、

何せ残り一種がいつ出現するか分からない

アンノーンですので。

ただその下がり気味のモチベーションを

今回のアンノーン包囲網のように

いつもとプレイ方法を変えることで

少しは解消できるのではないでしょうか。

そういう意味では

ポケモンGOをある程度プレイされてる方ならご存知の

リアルサファリゾーンだったり、

某ポケGOyoutuberが無理矢理(?)試みていた

ポケモンポーカーなど、

まだまだ遊び方は無限大にあると思います。

とにかくモチベーションを保ちつつ、

猛暑になるまでに何とか!

アンノーンを捕獲したいと思います。

本日までに積み上げた数字
 
トレーナーレベル35 ジョギング1464.54km
 
捕獲数16,055 回したストップ数17,837 金メダル数22 孵化数499
 
 
 
本日はここまでとなります。
 
最後まで読んでくださった方、ありがとうございました!
 
ポケモンGOは今以上にルールとマナーを守って正しくプレイしましょう。
 
ではまた次回!

2chのアンノーンスレをまとめてみた

ようやくきのみ名人のメダル達成です。

やはり昼間仕事してると達成遅くなりますね。

アンノーンのメダルは、ピゴサ亡き今まず達成不可能なので、残すはジム防衛リーダーのみですね。レイドバトル1000勝も無課金かつ伝説しか狙わない今の私には無理ですね。てか、伝説をレイドバトル勝利数にカウントしない理由がよくわかりません。

またしても無課金ユーザーには、高いハードルです。サンダー捕まえるまでは、とりあえずモチベーションは伝説狙いで維持します。

PR

コメントは受け付けていません。