ピッチング 夏ぼったい人びとに。

PR

下北沢でピッチングが流行っているらしいが

この写真には奥さんが写っています。

寮の部屋に二つ飾ってるんですよ。

奥さんが仕事で撮った写真を
雑誌の編集部の方たちが僕のために
わざわざ写真たてに入れてプレゼントしてくれました。

ありがたいですね。

どんないいピッチングしても、悪いピッチングしても、
勝っても負けても、いつも同じ顔で出迎えてくれる。

おかげで精神的にも安定してシーズンを送れています。

いつも支えられてばっかりやし、
俺もちょっとずつ恩返しせなな(-.-;)

彼女のためにも日々頑張ろう(^^)

究極のピッチング

 久方ぶりにクリークに行ってきました。

昨日の雨でどう転ぶのか?
インレットを中心にチェック開始。
朝イチのポイントでは、ヤマクロ?shokunin jig creekにて不発。
朝ニのポイントで嫌な空気を吹き飛ばす一発!

今日も2.5DC(ペラ有)で47cmをキャッチ!

そしてその後は、何にもナシ!
朝練ばかりに慣れると、朝マズメが終了すると全くダメですね(>_<)
ROD:MOVE BIG BAIT CUSOM
REEL:TD-ジリオン 100P crazy-cranker LINE:フロロリミテッド ハード 16lb
LURE:2.5DC
話は変わって。
最近初めてABUのベイトリールを買いました。
REVO SLC IB 8L
まだインプレが少なかったので、私の感覚ですが、インプレしてみます。

ダイワのSVブレーキにも惹かれたのですが、今回思い切ってABUに変えた理由は軽さです。

今まで軽いリールに対しては否定的だったのですが、ボート釣りを始めて、カバー撃ちを経験すると、腕の疲労感が気になり始めました。
ダイワのSVブレーキが良いのはいろんな方のインプレでわかってるので、いずれ導入すればいいとして、このREVO SLCの132gという軽さとIBブレーキというシステムを経験しておきたかったというのが一番でした。
結果、この軽いリールとビジブルレート7.8ftの組合せは自分の感覚的には非常にしっくりきてます。
先月のでも軽いリグをピッチングで近くに落としたり、遠くに入れたりと繰り返したのですが、いずれも着水後にフワリと流すためには、7.8ftのロングロッドを使って、着水前にティップを上げ、あらかじめ送り込むラインを出しておくことが大事でした。
その時スプールが回りすぎるとバックラッシュするし、回転が悪いと着水前のリグを引っ張ってしまいますから、適切に回って送り込むための量だけが引き出されるのが理想でしたが、ホントに理想通り動いてくれました。
IBブレーキは、遠心(スプールに組み込まれたオレンジのやつ)とマグネット(カップ側)の両方のブレーキが付いています。

遠心とマグネットの良いとこ取りらしいですが、ブレーキ力に大きく影響しているのは、遠心ブレーキのほうです。

今はボートでのカバー撃ちとオカッパリの足下撃ちがメインなので、遠心ブレーキを2個ともONにしてますが、時に対岸に飛ばしたいって時は、1個をOFFにしとかないと飛ばせない感じですね。
マグネットも影響はありますが、遠心2個ONの時は、そこまで効いてるかな?という気がします。
しかし、クリークでもボートでもピッチングからチョイ投げに変えた時もトラブルがほとんどなく、この点はSV(使ったことないですが…)と遜色ないのでは?と思います。
ダイワもシマノもそれぞれに良さがあるのと同じで、ABUにもまた違う良さがあるといえる。
そんなところでしょうか。
長くなりました。
拙いインプレでしたが、購入を考えられるている方はご参考までに。

PR

コメントは受け付けていません。