ピッチングの各種を揃えました。簡単な通販での買い方も紹介しています

PR

ピッチングに全俺が泣いた

肘離断性骨軟骨炎(OCD)とは野球肘の1つで、肘の外側の軟骨とその深部にあるに起こる障害です。

症状は肘を動かした時の痛みや可動域制限とされていますが、痛みが全くないケースもあります。

好発年齢は小学生から中学生くらいまでで、高校生以上で発生することはまずありません。
この障害は他の野球肘と違い、野球以外のスポーツ(サッカーやバスケなど)でも発生すると言われています。

他のスポーツでは重篤化することなく自然に治癒するようで問題視されていませんが、野球のようにボールを投げる負担が肘にかかると重篤化してしまい、痛みや可動域制限などの症状が現れてきます。
?

つまり、肘離断性骨軟骨炎(OCD)とは小中学生には誰にでも起こる可能性があり、野球などの投球ストレスによって“重症化”する障害ということです。
治療は、ノースロー、運動禁止などの局所安静低出力超音波療法による軟骨や骨の癒合促進が行われます。

主治医の判断によっては、ギブス固定し、数ヶ月安静という場合もあるようです。

個人的にはプレーを中断して治療に専念というのは好きではありませんが、骨軟骨の障害ですので、安静や場合によっては固定も必要だと思います。
そして、最悪の場合、手術が行われます。肘の傷んでいる骨軟骨を取り除き、膝から骨軟骨を採取し移植するという手術が一般的です。

リハビリは、手術後2~3週間固定後から可動域訓練が始まります。

術前の可動域が問題ない場合は比較的回復が早い印象ですが、術前から著明な可動域制限があると、手術後の可動域回復も遅れ、競技復帰に難渋することもあります。

予後としては、長期的な保存療法もしくは手術療法によってほぼ競技復帰は可能です。

しかし!!

ここで考えなくていけないのは、肘離断性骨軟骨炎(OCD)の増悪因子が投球による肘への負担ということです。

ノースローとさせるのもこの負荷を避けるためですが、ノースローだけでは、スローイング再開すればまた以前と同じ負担が加わり、再発のリスクが非常に高いままです。

また、手術療法を選択すれば再発することはほとんどありませんが、他の野球肘を発症させてしまう可能性があります。
肘離断性骨軟骨炎(OCD)を発症する選手は、ほとんどの選手が股関節をはじめとした全身的な柔軟性が欠如しています。

この柔軟性の欠如が投球動作においてスムースな動作を阻害し、肘へのストレスを増大させていると考えられます。

よって、ノースロー期間中にいかに股関節肩甲骨周りなど全身的に柔軟性を改善しておけるかが、競技復帰に向けた大切なポイントとなります。

仮に手術を受ける場合でも同じです。手術前のカラダの状態でスローイング再開すればまた肘に負担がかかるのは目に見えています。術後のシャドーピッチングを開始するくらいまでには股関節や肩甲骨周りなど、柔軟性を獲得しておく必要があります。
肘離断性骨軟骨炎(OCD)の手術は、こぼれ出た水を拭いているにすぎません。こぼれないように水を止めないと、またすぐにこぼれてしまいます。
予防に関しても同様に、全身的にしっかりとコンディショニングを行い、肘に負担のかからない投球フォームを習得することが大切です。

また、手術を回避するためには早期発見が欠かせません。超音波画像診断装置(エコー)を用いた野球肘検診を受診したりして早期発見に努めましょう。詳しくはお問い合わせ下さい。
?

 

アスリートのための

トレーナールーム

プラストレーナーズ

 052-842-8499
お気軽にお問い合わせください

名古屋市天白区島田5-501-4

ハイネス津久紫1階(駐車場完備)

LINEでのお問い合わせも

受け付けております

Facebookページ↓↓↓

おい、俺が本当のピッチングを教えてやる

甲子園への出場校が決まりました

地元の北海道からは

滝川西北海 が出場します

どちらもいいチームです

全員で 全力で 聖地”甲子園”で暴れてきてほしいです

・・・・・・・・・・

6月29日(木) 旭川支部Bブロック準決勝

旭川龍谷 vs 留萌 戦です!

1年生から主軸の好選手 江川奨真くん率いる留萌

初戦で強豪の旭川南を7回コールド

3年前の夏を思い出してしまい 嫌な相手でした・・・

先発は・・・

竹村 昌晃(龍谷)

江川 奨真(留萌)

先行は龍谷

江川くんの立ち上がり

1番の大夢にレフト前ヒットを打たれたが 後続を抑える

一方の龍谷の昌晃くんいきなり

連続四球と見事な立ち上がり( ̄_ ̄ i)

それでも3、4番を抑え つづく5番宮下くんをレフトへ

見事な2点タイムリーツーベース ( ゚∀゚; )タラー

宮下 拓大(留萌)

初回 レフトへ2点タイムリーツ-ベースを放つ

いや~ 立ち上がりが悪いとはいえ

素晴らしい高めのあまいボールでしたね~

(ノ´▽`)ノ ⌒(呪)

ただこの日の昌晃 2回以降は別人の投球でした

8回に1点を失ったけど 12奪三振を奪うナイスピッチング

3回には3者連続三振を奪う快投でした

一方の江川くん

初回から毎回のようにランナーを背負う苦しいピッチング

それでもスライダーを中心に丁寧に投げている印象

得点圏に進めてもあと一本が出ない龍谷打線

この日の天気と同じです

(5回までに1点ほしいな~)

なんて嫌な雰囲気も感じ始めた5回

やっと龍谷打線がお目覚めです( ̄▽+ ̄*)

この日 大当たりの大夢のショート強襲のヒットから

打者一巡の猛攻です( ̄▽ ̄)

三浦 大夢(龍谷2年)

5回 先頭打者としてライナーへ出ると

さらにこの回に 追加点となるライト前ヒットを放つ

佐藤 築主将(龍谷)

ライト前ヒットでこの夏”龍谷の初得点をあげる

なんと?

6得点・・・

小布施に 竜輔に 安田・・・単打 単打で得点です

そして 前半5回まで終了です。。。

*~*~*~*~*~*~*~*~

両チームの応援風景で~~す

さすがは夏ですね

両校とも 思いが伝わるすばらしい応援でした

*~*~*~*~*~*~*~*~

6回 留萌は投手を交代

江川くんから宮下くんへ

宮下 拓大(留萌)

6回こそ両校3者凡退

しかし7回 龍谷が追加点を奪う!!

ワンアウトから竜輔が四球で出塁

ツーアウトランナー2塁になり バッターは昌晃

この昌晃が へっぴり腰ながらサード強襲のヒットで追加点

この追加点で試合は決まりました...

8回 留萌は

ツーアウトから江川くんのツーベースでチャンスを作ると

南波くんのセンター前ヒットで1点を返す・・・しかし

センターへ意地のツーベースを放つ江川 奨真

龍谷は 9回2死から康平へ

中島 康平(龍谷)

 

 対 3

 

 

旭川龍谷留萌を敗り

旭川支部Bブロックの代表決定戦へ

立ち上がり いきなり2失点と嫌なスタート

でも昌晃が 初回以外は圧巻のピッチング!!

被安打5の奪三振12 はお見事でした( ̄▽+ ̄*)

打線も7得点 留萌の強さから考えたら上出来です

初戦ですからね(^^;

ナイスゲームだったと思います

留萌高校

不思議と観戦することが多かった高校です。

江川くん、宮下くんなど (がんばっているな~)

なんて思いながら観てきました。

ですから ここで対戦するのは心苦しかったし

やっぱり対戦するには 嫌な雰囲気をもつ高校でした。

1971年には

甲子園にも出場した’緑の風 留萌

秋からは留萌千望と合同チームとして

そして来年春からは統合されて 新生留萌として出発します!

新生’緑の風 留萌’

どんな野球を魅せてくれるのでしょうかね?

本当に楽しみです( ̄▽ ̄)

次回は旭川支部の代表決定戦だよ

およよ~

PR

コメントは受け付けていません。