ピッチングの格安販売店紹介!気になる情報は店舗レビューを参考にしましょう

PR

ピッチング おいしさとやすらぎを

’90YZR250コシンスキーレプリカ(’91TZ250)のお客様から、

サーキットインプレッションが届きましたので、ご紹介いたします!!

本物ではアリマセン!!!

後ろのアウト側縁石との角度がヤバイ!!

本当のGPみたいに向きが変わって曲がっていますね!

以下、お客さまのインプレッションです。—————————————————-

乗ってきました。

Rrサスペンション、ライポジ変更で、まるで別のバイクの様になり、
フロントの接地感が途切れず、スロットルが開けやすくなりました!

減衰も、仕様変更後の出荷状態から一切変更無しですが

切り返しのピッチングも使えて、物凄く乗りやすいバイクとなりました。

ありがとうございます!

————————————————————————————

プロライダーのインプレッション、誠にありがとうございます!!!

リアサスペンションは、

ストローク感が出るようにしたうえで、

初期作動を向上し、

中間の腰感も増やし、伸びも応答性を上げながら効かせたので、

スロットルを開けたときに、

リアが、よりしっかり路面を掴みながらもフロントを押さなくなり、

ショートタンクとの相乗効果で、フロント荷重をキープできるようになったのだと思います。

やはり、ショートタンクは効果があるのですね!!!

ちなみに、耐久レース用ビッグタンクの場合も、

タンクが大きい分、

体重を預けやすくなり、ホールドしやすくなるそうです。

YZRのショートな分、容量を稼ぐために、

エラの張った背の高いタンク形状にも、きっと同じ効果がある気がします。

知的、ワイルド、ブリリアント
サスペンションのセットアップは、知的に大人な遊びです♪
FactoryFlatout
高島浩史

大注目、格安のピッチングを販売しているのはココ!

広島1-1中日(延長12回)

広島 000 000 100 000 1
中日 010 000 000 000 1

投手戦?貧打線?で引き分け、
阪神が負けて、
とうとうマジック33が点灯しました。

先発はノムスケ。
よく投げました。粘りのピッチングでしたね。

初回
1番・2番をセカンドゴロの後、
3番にファースト内野安打、
4番にライト前ヒットで2死1・2塁と
先制のピンチを迎えます。
しかし5番を見逃し三振、
無失点で立ち上がります。

2回
6番にセンター前ヒット、7番にライト前ヒットで
無死1・3塁と再びピンチ。
ここで8番をセカンドゴロに抑えますが
3塁ランナーが生還して0-1と先制されます。
ファーストランナーが2塁アウトで1死1塁。
9番はスリーバント失敗で2死1塁。
1番にライト前ヒットを打たれましたが
2番をレフトフライ、1点でしのぎます。

3回
3番・4番をショートゴロの後、
5番がショート内野安打、
6番ライト前ヒットでまた2死1・3塁とされます。
が7番を空振り三振、無失点です。

4回
8番を空振り三振の後、
9番・1番を連続セカンドゴロ、
初めての三者凡退に抑えます。

5回
2番をショートゴロ、3番をセカンドゴロ、
4番をサードゴロ、
ようやくノムスケらしい内野ゴロ3つで
三者凡退に抑えます。

6回、ピンチを迎えます。
5番にセンター前ヒットの後
6番のときにワイルドピッチで無死2塁。
ここで6番のセカンドへのライナーを
菊池がダイビングキャッチ、
ファインプレーに救われます。
7番に四球を与え、1死1・2塁となりますが
8番を空振り、9番を見逃し、
連続三振でピンチを切り抜けます。

1-1の同点で迎えた7回
1番に死球をぶつけ、2番に送られましたが
3番を空振り三振、4番をサードゴロ。
これでお役御免となりました。

7回を投げ、
120球、被安打8、四死球2、三振7で1失点。
先発としての役割は
十分に果たしました。
勝ち星をつけてあげたかったところですが、
そこだけは残念でした。

8回は中﨑。
5番・6番を連続空振り三振、
7番をファーストファールフライ、
珍しく??(笑)三者凡退でマウンドを降ります。

9回は今村。
8番の代打をショートゴロ、
9番をサードゴロ、1番をファーストゴロ、
こちらも三者凡退です。

10回は中田。
2・3番を連続空振り三振、
4番をセンターフライ。
見事に三者凡退を続けます。

11回は一岡。
5番をライトフライ、6番を空振り三振の後、
7番にセンター前ヒットを打たれましたが
8番の代打を空振り三振、
三者凡退とはいきませんでしたが、無失点です。

勝ちのなくなった12回はジャクソン。
9番の代打・1番・2番の代打を
三者連続の空振り三振、試合を締めくくりました。

まあノムスケもですが、
中﨑-今村-中田-一岡-ジャクソン、
5人のブルペン陣はお見事でしたね。
16人に対して
被安打1、無四球、三振9とほぼ完ぺき。
このブルペン陣がいてこその引き分けですね。

さて打線です。
今日は何とコメントしていいのやら。
相手投手が良かったのか、
打線がお疲れなのか、
カープらしくない4併殺で1点のみでした。
そして初回から7回1死までノーヒットですからね。

初回
田中広輔が空振り三振、菊池はショートゴロ、
丸がセンターフライ。

2回
鈴木誠也サードゴロ、新井セカンドゴロに
バティスタ空振り三振。

3回
西川ライトフライ、會澤レフトフライ、
ノムスケが空振りの三振。

4回
田中広輔レフトフライの後、
菊池のサードゴロを相手サードがエラー、
ようやくチーム初のランナーを出します。
が、丸がセカンドゴロ併殺。

5回
鈴木誠也がショートゴロ、新井セカンドゴロ、
バティスタは空振り三振。

6回
西川空振り三振、會澤セカンドライナー、
ノムスケが空振り三振。
2回りでランナー1人だけ、それもエラー。
相当相手先発がよかったんですかね。

7回、ようやく追いつきます。
田中広輔がショートゴロの後、
菊池がチーム初のヒットとなるセンター前ヒットで出塁、
丸がライト線への2ベースで続いて
1死2・3塁とチャンスを作ります。
ここで鈴木誠也、
レフト前への同点タイムリーで1-1とします。
なおも1死1・3塁でしたが、
新井がショートフライで2死。
バティスタは四球を選び2死満塁と攻め立てますが
西川がファーストゴロ、一気に逆転とはいきません。
ここがポイントでしたかね…。

8回、相手は2番手。
會澤がサードファールフライ。
ノムスケの代打・エルドレッドが四球を選び、代走に上本。
しかし田中広輔がライトフライ、菊池がサードゴロでした。

9回、相手は3番手。
丸がレフト前ヒットも、今度は鈴木誠也がセカンドゴロ併殺。
その後、新井がライト前ヒットとこの辺りがちぐはぐ。
バティスタは見逃し三振でした。

10回、相手は4番手。
西川がセンターフライ。
會澤と今村の代打・堂林が連続空振り三振でした。
堂林の立ち位置が厳しいですね。
久しぶりの1軍復帰もこれで3打席連続三振。
明日か明後日あたりは…。

11回、相手は日本新記録の左腕。
田中広輔がレフトフライの後、
菊池はレフト前ヒットで出塁しますが、
丸がこの日2つ目のセカンドゴロ併殺。
チャンスをつぶします。

12回、
鈴木誠也が四球を選びましたが、
今度は新井がサードゴロ併殺。
バティスタが四球を選び、またもちぐはぐ。
代走に野間が送られましたが、
西川がピッチャーゴロ。勝ちがなくなりました。

う~ん。こうして見てみると
やっぱり、らしくないですね~。
併殺の後にランナーが出たりしてますもんね~。
たまにはこういう日もあるということに
しておきましょう。

さて、これで
63勝35敗4分け、残り41試合。
阪神とのゲーム差は9.5となりました。
昨年より16日早く、球団最速のマジック33が点灯しました。
残り41試合中、阪神に8戦全敗しても
33勝すれば、
96勝43敗4分け、勝率.6906です。
阪神は残り45試合に全勝でも
98勝44敗1分け、勝率.6901ですね。

現実的にはありえない数値ですから、
明日からはマジック0、すなわち優勝に向かって
1つ1つ減らしていくことですね。

さあ
、明日は大瀬良。
負けなしの8勝目に向けて強気のピッチングを期待です。
打線は、今日の反省を生かして
次につなげるバッティングを期待です。

PR

コメントは受け付けていません。