ピッチングにとことんつきあうページ

PR

意外と知られていないピッチングのテクニック10選

こんにちは。
の東です。

今日は問題点を掘り起こします。

まず、日本にある野球って・・・

学童野球(小学生)

少年野球(中学生)

高校野球

大学野球

社会人野球

独立リーグ

プロ野球

で、

草野球ですかね?

それぐらいだと思います。

そこで質問なんですが・・・

どれだけ勝ちたいですか?

えっ?学童野球から勝ちたい?

大変ですね~^^

じゃあ、

スーパーピッチャーがチームにいるとしましょう。

小学生ぐらいならいますからね。

で、

ずっと勝ちたいなら、そのピッチャーに全部投げてもらえばいいんです。

全勝でしょう。

学童野球ぐらいなら楽勝です。

ところで・・・

それは他の子供たちのためになるでしょうか?

勝ってるから良い?

冗談でしょ?

一野球人として許せませんね。

バカな事を言うなよ。

と。

例えば、

学童野球を全勝で終えたチームの選手が中学生になるとしましょう。

中学生の指導者は喜びますよね。

あのチームの選手がウチに来てくれる!

って。

期待して見るはずです。

ところが・・・

「僕は内野しか守れません」

「僕は外野しか守った事がありません」

「ピッチャーなんてやった事がありません」

「キャッチャー?無理です・・・」

って。

勝ちにこだわり続けた結果、選手の可能性が削られていったわけです。

勝つためにはそれで良いんですよ。

ピッチャーはピッチャーの練習。

キャッチャーはキャッチャーの練習。

内野手は内野手の練習。

外野手は外野手の練習。

こうやって特化すると勝てるでしょう。

でも選手は、

小学生です。

中学生です。

それで、

その選手の何が分かるのでしょうか?

いやいやエエねん。チーム練習はチーム練習やから。やりたかったら家で練習して来い!

って?

良い指導者ですね^^

よく考えてみて下さい。

自分が子供の時、どうでしたか?

ピッチャーやりたかったですよね?

ところが・・・

今の子は自分のピッチングフォームすら持ってないんですよ。

野球を教える指導者が頭でっかちになりすぎて、根本的なものが見えなくなっているんです。

子供たちに野球の楽しさを教える。

耳障りは良いですね。

でも、

野球の楽しさって何や?

っていう話です。

子供がピッチャーやりたいって心の中で思ってるのに、ピッチャーの練習すらさせてもらえない。

そんな学童野球チームや少年野球チームがたくさんあります。

子供の心も汲もうとしない。

まるで、

自分が勝つための道具のように子供たちを扱う指導者。

子供たちに良い思いをさせてやりたい!

というキレイ事を言いながら、

結局は自分が勝ちたいだけの指導者。

結局は自分が教えれば勝てるという名誉が欲しい指導者。

そんな指導者が多い気がします。

まあ、

毒を吐くのはこれぐらいにしておいて・・・

言いたい事は1つです。

野球が本当に上手くなりたかったらキャッチャーというポジションを経験するべきなのです。

ところが、

キャッチャーをやった事のない選手が多すぎる!

これが問題なわけです。

よく考えてみて下さい。

試合で最もボールを捕る回数が多いのは、どう考えてもピッチャーですが・・・

キャッチャーはいつもピッチャーの全力投球を捕ります。

要するに、

全力で投げられるボールを捕る回数が多いのはキャッチャーなのです。

しかも、

時々ワンバウンドも来ます。

それによって反応して体を動かさないといけません。

それに、

盗塁の時のスローイングまでのステップは良い練習です。

それが、

学童野球や少年野球では1試合で少なくても7回は経験できます。

1試合キャッチャーを守らせたら、相当な練習量なわけですね。

もう最高のポジションなんです。

ところが・・・

キャッチャーを固定している学童野球チーム。

多い多い。

で、

毎週のように試合がある学童野球ではキャッチャーの選手ばっかり上手くなるです。

そりゃそうやん。

一番ボールを捕ってるんやから。

そりゃ上手くなるよ。

上手くならん方が不思議やわ。

でも、

誰も何も言いません。

キャッチャーを固定する事に何の疑問も持ちません。

いや、

実はキャッチャーだけが上手くなってる事に気付いてはいるのでしょうか?

気付いた上で気付かないフリをしているのでしょうか?

勝つために・・・

いやいや、

でも、

普段は外野を守ってる選手がキャチャーを守るとふざけてると思われる空気があります。

という事は気付いてないんでしょう。

まあ、よく分かりませんが・・・

試合で勝ちたければスーパーキャッチャーにずっと守らせておけばいいんです。

でも、

損しますよ。

キャッチャーは最高のトレーニングポジションですからね。

ぜひ、多くの選手にキャッチャーを!

まあ、参考まで。

では、また。

アマゾン以外での購入をご希望の方はコチラからどうぞ。
↓↓↓

あの芥川賞作家がピッチングについて涙ながらに語る映像


8月9日(水)ロッテ17回戦(千葉)、3-2で勝ち。対戦成績13勝4敗。9安打で3点。効率の悪い打撃はどこが原因か。バンデンハークは来日初の2桁。少ない援護点で粘りのピッチングだった。しかし、高谷の弱肩。2安打では足りない。

来日当初の凄味は消えたが、ピッチングが上手くなった。ナックルカーブを見せつけてのストレート、あるいはその逆。江川の全盛期は直球とカーブの2種類で楽々打ち取っていた。カーブの質は違うけれども、重くて速いストレートは似ている。

高谷はリードは良かった。しかしあの2塁送球はいただけない。バンデンハークはクイックをしても遅いが、それでも俊足でない選手に簡単に盗塁されてはかなわない。ここは甲斐が断然優位である。

今日打ったのは、高谷の2本を除けば3番から6番。明石のバットが湿り続けていて、主軸にチャンスが生まれない。今宮で固定して調子良かったのを、何の理由か2番に下げるからこうなる。

上林も6回のエンドランのサインで漫然と空振りし、走者のアシストさえできなかった。これを見て次の回に真砂を繰り出す短気も考えものだが、バットに当てる仕草も見えなかったから致し方ないか。1、2番と下位の出塁率が悪いから、得点確率が低くなる。きょうのスタンリッジの出来なら、もう3点は取らないと駄目だ。バンデンハークが踏ん張ったから良かったものの、もう少し援護しないとこの夏は乗り切れない。

福田を1塁スタメンにするのは何故か。中村をはじめから1塁に回すのが常道だろう。中村はおそらく内川に次いで1塁の守備機会は多い。それを敢えて回避して、外野手の塚田や福田を起用する意図が理解できない。中村が爆弾の持病を抱えているというなら別だが。

お読みいただけましたら、
↓をクリック し ていただければ嬉しいです。

?

PR

コメントは受け付けていません。