ピッチング特集のホームページ♪あなたにお似合いの見つかるよ♪

PR

20分で理解するピッチング

第1レグ
美しく落ち着いた城端町の先から
高鷲町あたりまでのSS
約90kmのターマック、
路面コンディションはドライ。
間抜けな広いギア比のMTと
そのくせ重いフライホイールのせいで
回転数のドロップが遅いエンジン。
そのミスマッチに
諦め気味な腹立たしさを覚えながらも
楽しい!
無駄なピッチングとロールが大きく、
ストロークの戻りが
遅い足に対して
譲歩に譲歩を重ねつつ
ブレーキリリースしながらの
ターンイン。
リアタイヤにコーナリングフォースを
なるべく早く発生させるのには
コツが要る。
まともな足に比べて
グッとゆっくり待つ。
わかって来るとそれはそれで
腹立たし面白い。
ブレーキング、リリース、ターンイン、アクセルオンを
綺麗に滑らかに
シンクロさせていくのが好き!
これぐらいの気温になると
タイヤは1時間もしないうちにダレて
グリップ感がグニュグニュして来る。
ブレーキバランスも崩れて
片効きしてくるし、
ABSの制御もバカだし、
シートの出来は悪いし、
困った車だ。
もちろん普通に乗るぶんには
どうでもいいが
まともなWRXとか
BRZがあれば申し分ない。
チェックポイント。
いつもの場所で停められる。
ロックシェッドではなく
スノーシェッドだと知る。
ダム湖、貯水量少なめ!

2017年8月10日(木)-13日(月)

滋賀県立アイスアリーナ
↓スケートブログランキング

Googleが認めたピッチングの凄さ

スワローズとの第2戦です!

投打が噛み合わず3連敗のベイスターズ
この日の先発は安定したピッチングの
ウィーランド投手です
打線の援護さえあれば・・・
スワローズの先発はルーキー梅野投手
プロ入り初の先発登板ですって
ベイスターズの皆さんプロの厳しさを
教えてあげて下さい!
と思っていたら初回は三者凡退!
そう言えばベイスターズと言うチームは
初◯◯や◯◯日ぶりに復帰とかいう
選手からなかなか点が取れない・・・
一巡くらいは見守りましょうかね!
2回にはロペス選手がヒットで出塁
続く宮崎選手は打ち取られますが
戸柱選手に前日の続くホームランが

(写真お借りしております)

出て先制するとフォアボールで出塁の
梶谷選手を倉本選手が返して  
梅野投手をせめて3点奪います!
その裏スワローズは
ウチの若いモンからよくも取って
くれたな!とばかりに
リベロ選手も前日に続くホームランを
放って応戦しますが・・・
スワローズ梅野投手は

(写真お借りしております)

3回は制球が定まらなくなって
四球を連発して更に2点追加します!
調子が良い時なら後は勝ちパターンの
継投に持ち込むだけなんですけど
このところ継投に失敗し同点になったり
逆転されたりとやや不安なリリーフ陣
ですがウィーランド投手はその後は
粘り強くスワローズ打線を抑えて
6回を投げて1失点と十分に責任を
果たして砂田投手にマウンドを託します。
スワローズも4回から
山本・中澤・鳴瀬投手に継投して
反撃の機会を伺いますが
ゲームはそのまま9回まで進み
筒香選手フォアボールの後
ロペス選手がダメ押しのホームランを
放って7対1と圧勝の点差で9回裏の
スワローズの攻撃となります。
ここで三嶋投手が登板しますが
ワンアウトの後フォアボールを続けて
坂口選手にタイムリーを打たれて
7対2とされますがその後は
抑えて連敗をストップしました!

(写真お借りしております)

クライン投手帰国と言う報道もある中
ウィーランド投手は6勝目をマーク
ベイスターズ投手陣に無くてはならない
存在になりました。

(写真お借りしております)
三嶋投手ですが監督・コーチの信頼を
得るためにもこの場面で得点を与えては
行けないのではないかな?
三嶋投手がロングリリーフで使える
様になったら勝てるゲームが増えると
思うし、投手陣がどれだけ助かるか?
三嶋投手への期待は高まるばかりです。
いい球投げるんですけどね・・・

PR

コメントは受け付けていません。