ピッチングマニア必見

PR

ピッチングだとか騒いでるのは一部の童貞だけ

ダルビッシュと青木が期限内ギリギリのトレード!!

トレードと聞くとなぜか日本の中では今使えない選手をそれぞれ

交換するみたいに悪いイメージにとらえてる人も多いのですが、アメリカのトレードは全然違います。

基本的には優勝争いをしているチームが優勝できるように後半戦の即戦力として使える人材をヘッドハンティングするみたいなイメージです。

つまり優勝争いをしているチームに行く人つまり使える人なんです。

いや、今シーズンダルビッシュ勝ってないじゃんとか思う方もいるとは思います。

でもローテンションは前半戦しっかり消化している。

これまで22試合に先発 6勝9敗 防御率4・07。

確かにダルビッシュにしては悪いがこれから調子を上げればいつもとあまり変わらない数字自体も可能なレベルなんです。

ダルビッシュ自体調子がよくないが、調子を取り戻してピッチングできる日があれば、それでOKって感じなんですよ。

もともとポテンシャルは高いですからね。

レンジャーズとしては、正直優勝争いしているわけではないし、もうすぐFAだし、まぁ金くい虫を処分しようとしただけ。

来年の戦力を考えなきゃいけないから当然ですね。

新天地になると本拠地動いたりで大変だろうけど、ダルビッシュならちゃんと結果残してくれる気がします。頑張ってください。

西川高弘も応援しております!!

次に青木の話。

これまでの経歴

ブルワーズ

ロイヤルズ

ジャイアンツ、

マリナーズ

アストロズ

ブルージェイズ

6球団目!!

アメリカの生活になれるのは大変だと思うのにすごいですね。

普通に尊敬します。では青木のすごさはどこにあるのでしょうか?
なぜいろんな球団から目をつけられたのでしょうか。
一番の理由はバッティングだと思います。
下記がこれまでの青木の成績です。
2017    アストロズ    打率.272    71試合    ホームラン 2    打点19
2016    マリナーズ    打率.283    118試合    ホームラン4    打点28
2015    ジャイアンツ    打率.287    93試合    ホームラン5    打点26
2014    ロイヤルズ    打率.285    132試合    ホームラン1    打点43
2013    ブリュワーズ    打率.286    155試合    ホームラン8    打点37
2012    ブリュワーズ    打率.288    151試合    ホームラン10    打点50
?

何がすごいって決まってますよね。打率です。
ちなみに日本では基本3割打つ安定したバッターでした。
普通の選手はこんなに平均的に打てません。浮き沈みがあって当然の打率なんです。場所によって気候も違うし、時差なんかもある場合もある。自分との相性だってあるでしょう。
それでもしっかりコンスタントに成績を残してくれる。
来年スタメンで使ったら結果出してくれる可能性は十分にありますよね。まぁ、そういうことです。
ちなみにトレードの相手選手はフランシスコ・リリアーノ!
故障に苦しんだシーズンもありましたが未だに奪三振率がすごい三振をとれるピッチャーです。
まぁ、両球団ともちゃんと補強したいところをトレードした形だったと思うので、必要とされるところにいくことはいいことですよね。
ダルビッシュ、青木ともに活躍に期待しましょう!

ピッチングと相性バツグンのカッコよさ

本日はact2【俺がいる】の感想です。
昨年のオフから取り組んできたナンバーズの習得。
秋大では普通のチェンジアップと高速チェンジアップの2つに絞って磨き上げましたが、オフでは球速アップにも取り組んでいたようですね。
カットボール投げられるのにスライダーは投げられないもんなんかな?w
ピッチングは相変わらず好調。左キラー揃いの鳴田打線を4回まで封殺します。
僕は降谷が離脱したことで【後ろに降谷がいない】&【エースを狙える】状況に立った沢村が焦りで少しバタつくかなとも考えたんですが、どうやら今の所はその心配はなさそうですね。
そしてなんと打撃でもタイムリーヒット。
バスター打法を習得しミート力が上がった沢村に敵はなし。
なおクソどん詰まりのボテボテ内野安打の模様。
とはいえ好調であることに変わりはなく、降谷に変わってチームの軸、いや大黒柱となりうることをアピールしています。
降谷が不調と故障により一軍ベンチからいなくやったことで、沢村の存在感がますます際立っていますね。
このシーンを見ると、先代三年引退後に降谷が練習試合で無双しまくってた頃とかぶります。
あの時の沢村は絶好調降谷に対抗心を燃やし過ぎて炎上、イップスを発症してしまいましたが、今の沢村にはそのような傾向は見られません。
むしろ降谷が絶好調沢村に影響されて焦らないことを祈るばかりです。

PR

コメントは受け付けていません。