ピッチング 丸くは、ならない。

PR

ぴんからきりまでいろいろピッチング集めてみました。

おはようございます(^-^)

購入して、素晴らしいパフォーマンスを発揮している「カルカッタコンクエストBFS HG」をチューニングします。

使う前からパーツを注文していました。

正直、つるしの状態でも十分なパフォーマンスです。

しかし自分なりの色を付けたいと思います。

■こちらのパーツを取り付けます

こちらのパーツが届きました。

軽いチューニング程度で十分なリール、これ以上はやる予定はありません。

今回はのWEBサイトを利用しました。

各パーツメーカーさんを取り扱っており、ほとんどのパーツが手に入るのではないでしょうか。

まずはスプールの軸受けベアリングをセラミックベアリングに交換します。

コンクエストBFSのパフォーマンスの良さはこの小径ベアリングにある様な気がします。

純正のベアリングでも非常に立ち上がりがいいです。

セラミックベアリングに交換する事によって、もっと良くなると思います。

ひょっとすると良くなりすぎてバランスが悪くなる可能性もあります。

その時はノーマルベアリングに戻しましょう。

そしてもう1つはハンドルノブです。

シマノさんのチューニングパーツブランド「夢屋」のコルクノブに交換します。

私はコーティングしていないコルクノブが好きです。

滑らず使いやすいと思います。

ハンドルノブは実際に人が操作する部分であり重要だと考えます。

好みに合わせて交換するのがいいと私は思います。

見た目が変わるので、オリジナル感も出るので所有感もあがりますね。

■ベアリングを交換

パーミングカップを外し、スプールも外します。

コンクエストBFSは切り替えスイッチを2箇所外すだけで取り外せます。

まずはパーミングカップ側のベアリングを交換します。

マグネットブレーキユニットの奥に5角形のピンで取り付いています。

ピンをマイナスドライバー等で外せばベアリングが取り外せます。

ブレーキユニットがあり、奥深い為に若干通常のベイトリールよりも外しにくい感じでした。

でもそんなに難しい作業ではありません。

そしてセラミックベアリングを取り付けました。

これでパーミングカップ側は完了です。

スプールに取り付いているベアリングを交換します。

ピンでベアリングが抜けないようになっていますので、ピンを抜いてベアリングを交換します。

ベアリングリムーバーでピンを抜いていきます。

スプール軸等を曲げると終わりなので、慎重に作業をします。

しかしそんなに難しい作業ではありません。

必ずベアリングリムーバーを使いましょう。

決してペンチ等で抜かないでください。

ピンが抜けました。

ベアリングを軸から取り外します。

そしてセラミックベアリングを入れて、ピンを固定します。

外すのと逆の手順で行うだけです。

そしてスプールとパーミングカップを装着してスプールを回転させてみます。

問題ないようですね。

気持ち立ち上がりが良くなった気がしますが、投げてみてフィーリングがどうかですね。

よりレスポンスのいい回転になったのではないかと思います。

■ハンドルノブの交換

続いてハンドルノブを交換していきます。

まずはノーマルのノブを外していきます。

このシマノさんの新型ハンドルノブ、決して悪くないです。

この形状が好みの方はこのままでいいと思います。

私は筒状のノブが好きなんですよね。

ノブを外しました。

キャップを外して、ネジを外すだけで取れます。

ベアリング、ワッシャー、ネジは交換するノブでも使用します。

こちらのコルクノブに交換します。

私は木のぬくもりもあるので、コルクノブが好きです。

コーティングされていませんので汚れやすいですが、それは使っている勲章だと私は思っています。

滑りにくく、何処で握っても同じ形状なので私はこのノブは理想的です。

こんな感じになりました。

ハンドルを回してみましたが、やはりしっくり来る感じです。

あとは実釣で慣れていけば、かなり使えると思います。

■オリジナル感が出ました

この様な感じになりました。

ベアリングは見えませんが、大きな効果があるはずです。

キャストフィーリングが大きく変わるのがベアリング交換、セラミックベアリングで鋭い立ち上がりで低いピッチングが可能になると思います。

スプールは現在、どのパーツメーカーさんからも販売されていません。

しかし、純正スプールのパフォーマンスは相当いいので、出ても交換する予定はありません。

本当に素晴らしい完成度だと思います。

見た目はハンドルノブのみ変わりました。

しかしカルカッタコンクエストBFSの雰囲気を壊す事をしない様にしたいです。

このぐらいがいいのではないでしょうか。

ハンドルもオフセットしていますので、交換はしません。

これでカルカッタコンクエストBFSのチューニングは完了です。

あとは実際に使って検証です。

素晴らしいパフォーマンスのコンクエストBFS、今年のメインリールになりそうな気がします。

チューニングの効果も楽しみですね。

それではまた(^-^)/

ピッチングまとめサイトをさらにまとめてみた

メジャーリーグの試合を

テレビ観戦しています。
ダルビッシュとマー君が
投げ合っています!
二人ともいいピッチングで
両者とも無失点。
7回に入っています。
さぁ、どうなるか?
雨が…心配だなぁ…。

PR

コメントは受け付けていません。