100の試練を乗り越えて、お客様のお手元にピッチングが届きます。

PR

ピッチング ふれあい・ふるさと・フレッシュバンク

本日はact2「帰路」の感想。
青道vs白龍の試合が終わり、次週に対するフラグもゼロだったので、今週はどんな話になるんかなと思ってマガジンを手にした週。
稲実戦以来久々の登場となる薬師高校は、駒沢で神奈川のチームと対戦していました。
ここで1年生の友部が初登板。スライダー使いのサウスポーか…薬師にこれまでいなかったタイプの投手やね。
まあぶっちゃけ薬師は真田以外にそこまで大した投手いなかったですけどw

秋葉も三島も投手としては金田・川島レベルでしょうし、轟は降谷をより不安定かつノーコンにしたタイプですし、甲子園で通用するのは真田くらいだったでしょう。
しかし、監督は雷市の現状がイマイチ気に入らない模様。
先のセンバツで雷市が全国的に活躍し、マスコミやクラスメイトからもチヤホヤされだし、食事も今までにないほど充実したことで、なーんか物足りない性格というか雰囲気になってしまっているようで。
第1部夏大編の青道vs薬師戦前に「雷市はハングリーさがそこら辺のガキどもとは違う」と言われていましたが、雷市からハングリーさが失われたらどうなるんでしょうね。
監督も、これまでは選手育成や采配といった監督業に専念できたのに、今では各種接待やマスコミ対応に連日追われることになってしまい、野球に集中できなくなっていることにイライラしているようで。
いわゆる売れた人間の悩みといったところでしょうか。
群馬遠征2日目、第1戦目の先発は降谷。
7回を投げ被安打5四死球6と、相変わらずの独り相撲&乱調モード。8回からは沢村が投げ、そのまま封殺しました。
6者連続奪三振からの連続四死球など、スペックは高いけど安定感が全くないのが関係者どころか観客にすらバレだす始末。その様子は、降谷がマウンドに立つと青道の守備が固くなるほど。
ホンマにダイヤのA界の藤浪やな…w
今後も力で捩じ伏せる投手を目指すなら、1イニング限定の抑えの方が無双できそうやね。抑えならプロでも通用しそう。
第2戦の先発川上は6回無失点と完璧なピッチング!
金田と川島も無失点に抑え、4番手と5番手が戦力として使えそうなのは大きな収穫。この試合も控えメンバーのみで6-0と青道の層の厚さをアピール。由井と結城も実践経験を重ね、スタメン控え問わずバランス良く試合を回せた印象。
結城4打数3安打2打点からの次コマで失策2は流石に草。
全試合を終えた青道の投手データ。
このデータを見てまず思ったのは、御幸も言ってますけど川島が予想以上に戦力になる投手ということ。7回1/3で被安打12は少し多いですが、四死球2失点3という数字は4番手なら十分でしょう。谷間を埋めるのにも、他の投手に休養を与えるのにも、チームとして間違いなく使いやすい選手です。
GW遠征試合のみのデータだけ見るならセンバツベスト4の白龍相手にこの数字を残した沢村が1番ですが、2番は川上ですね。先発中継ぎ問わずこの安定感と四死球の少なさは流石としか言いようがありません。今回の遠征では降谷の成績は3番手と言った印象です。
ちゃっかり東条も投手として準備してたというのは今後のフラグになったりするんでしょうかw
自分の数字盛ってる御幸も大概負けず嫌いなんだよなあ。
たぶん自覚してないやろうけどw
ぶっちゃけ御幸も美馬も現時点では7球団、多くて8球団がいいとこかな?
中距離打者タイプの高卒俊足外野手と高卒強肩捕手となると、最後の夏でもっと結果を残せば2位指名くらいは狙えそうか。
流石にドラ1は即戦力スラッガーか即戦力ピッチャーに指名が集中するでしょうしね。

楽天市場ピッチング激安販売サイト

8月6日日曜日午後3時45分からC級の市民スポーツ祭決勝戦が行われました。

C級としては春のチャレンジカップ決勝戦以来2回目のベイコム球場での試合。

対戦相手はFM連合さん。

相手投手君は市内の4年生の中でも好投手君(尼崎マリーンズ)です。前にも書いていますが以前から注目していた投手君。この投手君をどう攻略するか!そこが大きなポイントです。

勝って9月に行われる県大会出場を決めるぞ!

決勝までは来るもあと一つが勝てないC級

チャレンジカップ・からたち杯と銀メダルだった。子供達ももう銀はいらん!金メダルを獲るぞ!と意気込んで試合開始。

尼崎スピリットクラブ先攻で試合開始

本日は打順も大幅に入れ替えての試合開始

1回表
1番 ショウタ君
ショートゴロエラーで出塁
2番 リョウセイ君
牽制悪送球でショウタ君一気にホームイン 1-0

ベイコム球場ならではのこの得点。

県大会など行けば大きな球場での試合もある。今回得点をしたが外野のカバーが遅くなると失点をしてしまう。

ナイス走塁だったぞ
リョウセイ君サードゴロ
3番 サエキ君
センターへヒット

4番 タクミ君
サエキ君二盗
タクミ君 三振 初の4番でやや緊張したか?
5番 タイガ君
三振

やはりいい投手君だ。1点をもらった感じになったがそれでも好投手君相手に先制は大きい。

そして相手投手君も好投手君だが尼崎スピリットクラブの投手も相手に負けない好投手ですよ

先発はソウイチロウ君

1回裏
1番  セカンドライナー(相手エース君 打ってもいい打球だ。一番警戒していた選手を抑えたのは大きい)

強烈な打球だったがセカンドホンリョウ君がナイスキャッチ

2番 三振
3番 ファーストフライ
完璧な立ち上がりだ
2回表
6番 レオ君
キャッチャーフライ
7番 シモリョウ君
ピッチャーゴロ
8番 ホンリョウ君
ショートエラー悪送球でセカンドへ
ツーアウト2塁
9番 ソウイチロウ君
パスボールの間にランナー一気にホームを狙う!

アウト~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

相手捕手君後逸するもそのあとの送球は完璧だった。

アウトになったが前に向かう気持ちはOKだぞ

2回裏 さあ~しっかり守るぞ!

4番 三振
5番 ファーストゴロ
6番 ファーストゴロ
この回も完璧な投球。

さあ~追加点欲しいとこだぞ。

3回表
9番 ソウイチロウ君

セカンド内野安打(hand!)

1番 ショウタ君
ソウイチロウ君二盗

いつもA級の投手君と対戦してきている以上この速さの球でも打てるはず!

気持ちとパワーで打球を運ぶ。

ショウタ 君右中間へランニングホームラン

この3人が一緒に写っている写真も珍しい。1年生から入ってあのくそ寒い魚釣り公園で一緒になってやっていたころが懐かしい。この成長過程を観れるのが私の楽しみです

3-0と3点のリード
2番 リョウセイ君

ショウタ君が打つなら俺も打ってやる!ガルル~~~ガルル~~と言わんばかりの

フルスイングだ

左中間へスリーベースヒット
3番 サエキ君

さあ~ここでさらに追加点を狙うぞ!
セカンドゴロの間にリョウセイ君ホームイン
4-0

ナイス仕事だ
4番 タクミ君

前の打席では三振だっただけにここは!気合い入っての打席だったが

四球を選んで出塁
5番 タイガ君
タクミ二盗狙うもアウト!相手捕手君のナイス送球にやられる。
タイガ君 ショートゴロ

3回裏
7番 三振
8番 三振
9番 サードゴロ
この回も完璧な投球。

この回終わった時点で群馬から・・・もしかしてとラインが
4回表
6番 レオ君

センターオーバー?ツーベースヒット
7番 シモリョウ君
レオ君三盗

シモリョウ君 三振 課題はハートだ!そこだけ!
8番 ホンリョウ君
ショートライナー

レオ君戻れずサードアウト

4回裏
1番 セカンドゴロ
2番 サードゴロ
3番 セカンドフライ
この回もパーフェクト

5回表
9番 ソウイチロウ君
ファーストゴロ
1番 ショウタ君
サードゴロ
2番 リョウセイ君
ファーストゴロ

5回裏 この回抑えれば勝ち&完全試合もかかっているぞ!!
ライト シモリョウ君に代わってイツキ君が入る

4番 ショートゴロとおもったが・・・・エラーでランナー出してしまう。

完全試合はここで途切れた。
5番 パスボールでランナー3塁まで進めてしまう。
ファーストフライでワンアウト

6番 ファーストゴロの間にサードランナーホームイン
4-1
7番 ファーストゴロ

ゲームセットで勝利

ようやく1本目の旗を獲った!

まだまだの面も多いですけど今日は

あっぱれ!

この大会も抽選勝ちなどもあり野球の神様が応援してくれた試合もあった。

決勝も相手好投手君をどう攻略するかだったが全員で攻略してくれた。

各人の役割をしっかりやってくれた。

投げては最終回まで完全試合ペースだったソウイチロウ君。

完全試合はできなかったがノーヒットに抑えた。ナイスピッチングでした

この試合にはあえて3年生も数名ベンチ入りしました。

来年優勝旗を返し連覇してもらわなくてはいけないのと、こういった緊張する試合を肌で感じ取ってもらい俺らもやるぞ!と思ってくれたらと思います。

さあ~これで9月9日10日に淡路島で行われる県大会に出場が決定しました

春の県大会では悔しい思いをした。

さあ~今度は!

そしてまた県内の強豪チームさんとガチンコの試合ができることに感謝して自分たちの今の力がどこまで通用するのか試すことができます。

この試合でも課題は沢山ありました。その課題をクリアーしてさらにレベルアップして9月の県大会に向けてがんばりましょう。

両手以上の優勝旗を卒団するまでに獲るぞ!

選手たちはいつも熱い応援をしてくれているお父さんお母さんに妹・弟に感謝だよ

夢への一歩を確実に刻みだした・・・

まだまだ成長する

PR

コメントは受け付けていません。